架空請求を真に受けて、消費者金融にお金を借りて払ってしまった

- 架空請求を真に受けて、消費者金融にお金を借りて払ってしまった

架空請求を真に受けて、消費者金融にお金を借りて払ってしまった

わたしは出会い系サイトを利用し始めて10年になる、三十代の会社員です。

すでに妻子持ちのわたしは、派手な遊びができないので最近は優良出会い系サイトにしか手を出しません。

しかし、今から五年以上前までは、無料の出会い系サイトや、年齢認証もろくにおこなわないサイトなどにアクセスしては、十八歳未満の児童に手を出そうとしてしまっていました。

ある日、そんなわたしに出会い系サイトからの架空請求のメールが来ました。

「一ヶ月で五十万円、延滞損害金が一万円」というようなメールだったのですが、いろんなサイトを同時に利用していた為、「あれだけ使えばこれだけの金額になるのかもしれない」と納得してしまったのです。

これが運のつきでした。

消費者金融でお金を借りたわたしは、そのお金をそのまま悪質業者の口座へ入金。

その後、どうも使った覚えのあるサイトの請求とは種類が違うということに気づいたことで、ようやく「あれは自分が払うべきものではなかった」ということに気づきました。

もう後の祭りなのでそこまで気にしてませんが、あんな詐欺に騙されたことが一度でもあるなんて、本当に恥ずかしいと思ってます…。

今は優良業者を吟味した上で、良いサイトだけを利用しています。

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 悪質な出会い系サイトにひっかからない!被害に遭わない方法とは? All Rights Reserved.